岩手のニュース

震災で統合 新たな校舎にわくわく

開校式で新校歌を披露する児童たち

 東日本大震災の被災などで岩手県大船渡市赤崎町の赤崎小と蛸ノ浦小を統合した新「赤崎小」(児童121人)で7日、開校式があった。児童たちは、高らかに新校歌を歌って開校を祝った。
 式で三浦和人校長は「新生赤崎小のスタート。自分と仲間を大切にして、明るい笑顔や喜びを広げてほしい」とあいさつした。
 赤崎小は海抜28メートルの高台に造成され、敷地面積約3万3700平方メートル。新校舎は1階が鉄筋コンクリート、2階が木造。総工事費は約37億9200万円。トイレの洗浄水に雨水を使うなど災害への備えを強めた。
 旧赤崎小の校舎が被災した後、児童たちは旧蛸ノ浦小の校舎で一緒に学んできた。児童数の減少や合同授業の継続を望む保護者の声を踏まえて統合した。
 児童会長の6年東脩蔵(あずましゅうぞう)君(11)は「同じ学校になり、より仲良くなったと思う。教室が広く、明るくて気持ちいい」と新たな学校生活に期待を膨らませた。


関連ページ: 岩手 社会

2017年04月08日土曜日


先頭に戻る