福島のニュース

夜の森の桜 7年ぶりに花見楽しむ

歩行者天国となった桜並木を歩く町民ら=福島県富岡町夜の森地区

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が帰還困難区域を除き解除された福島県富岡町で8日、桜の名所の夜の森地区などを会場にイベントが行われた。咲き始めのソメイヨシノのトンネルを町民らが歩き、7年ぶりの花見を楽しんだ。
 同地区の桜並木2.2キロのうち、帰還困難区域を除く300メートルを歩行者に開放。よさこい踊りなどが披露された。演舞に参加した郡山商高2年の久保美宝さん(16)=郡山市に避難=は「通学路でもあった桜並木は大切な存在。ずっとここで踊りたかったので、本当にうれしい」と喜んだ。


2017年04月09日日曜日


先頭に戻る