岩手のニュース

<復興相発言>岩手知事「信頼される対応を」

 達増拓也岩手県知事は10日の定例記者会見で、東京電力福島第1原発事故の自主避難者に対する今村雅弘復興相の「自己責任」発言を巡り「強い非難、批判が出ており、政府は反省しなければいけない。事故の当事者に信頼される対応を取るべきだ」と指摘した。
 今村氏の辞任を求める動きには「直ちに辞める必要は無いが、効果的な施策のための内閣改造は常にあり得る」と述べた。
 秋田県知事選で現職の佐竹敬久氏が3選を果たしたことについては「今までの実績が有権者に評価されたのではないか。引き続き北東北や東北全体で力を合わせたい」と話した。
 県などが出資するIGRいわて銀河鉄道の社員が売上金を着服した問題に関しては「大変遺憾だ。県としても指導監督の強化を図りたい。個人の問題ではなく、組織の問題として再発防止策を検討しなければならない」と強調した。


2017年04月11日火曜日


先頭に戻る