岩手のニュース

<平泉ナンバー>17日デザイン公募開始

 自動車の「平泉」ナンバーに図柄の導入を目指す地元実行委員会は、東北で初となるプレートデザインを17日から公募すると発表した。5月15日まで。
 最優秀賞1点を7月に発表し、国土交通省に提案。来年11月の図柄入りナンバー交付開始を目指す。最優秀賞に賞金5万円、優秀賞3点には2万円を贈る。
 作品の応募は1人3点まで。岩手県一関商工会議所などのホームページから所定の用紙をダウンロードする。
 「平泉」ナンバーは2014年度に導入された。市町村が交付するバイク用プレートには既に、世界遺産の中尊寺金色堂の図柄を導入している。
 一関、奥州、金ケ崎、平泉の4市町と地元商工会議所などでつくる実行委の佐藤晄僖(こうき)委員長は「世界遺産・平泉の発信力を高める作品を待ちたい」と話した。連絡先は一関商工会議所0191(23)3434。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2017年04月12日水曜日


先頭に戻る