広域のニュース

長男になりすまし現金だまし取る 5人逮捕

川崎市で逮捕され、仙台中央署に連行された容疑者ら=12日午前6時ごろ(写真の一部を加工しています)

 息子をかたり女性から現金をだまし取ったとして、宮城県警は12日までに、詐欺の疑いで自称川崎市川崎区南町、無職浜田正樹(21)、本籍和歌山市、無職木村優夜(21)、自称和歌山市中之島、無職杉山貴一(21)の3容疑者と20代の男2人の計5人を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、5人は共謀し5〜7日、札幌市中央区の無職女性(75)方に長男になりすまして数回電話。「会社の通帳が入ったかばんを盗まれた。工面してほしい」などと言い、現金160万円とキャッシュカードをだまし取った疑い。

 女性は自宅近くの路上で長男の上司を名乗る男に現金を手渡した。女性の銀行口座からは300万円が引き出されていた。
 県警は11日、電話をかける「架け子」の拠点だった川崎市川崎区のマンションを捜索し、携帯電話やパソコンなど95点を押収。余罪の有無を調べる。
 別の特殊詐欺事件の捜査の過程で、浜田容疑者の関与が浮上した。


関連ページ: 広域 社会

2017年04月12日水曜日


先頭に戻る