宮城のニュース

<アイリス>LED生産強化 鳥栖工場増設

 アイリスオーヤマは12日、鳥栖第2工場(佐賀県鳥栖市)の規模を約1.8倍にすると発表した。発光ダイオード(LED)照明の生産と物流機能を強化する。5月に着工し、12月の稼働を目指す。
 敷地面積は約4万5000平方メートルから約7万9000平方メートルに拡張し、生産・物流施設を建設。販売が好調なLED照明の生産ラインを増設し、製品の入出庫を管理する自動倉庫を新設する。投資額は約60億円。
 2016年度のLED事業の売り上げは約270億円で、前年度より1割増えた。17年度は約400億円に拡大する見込みで、生産能力を増強する。
 自動倉庫は4万パレット(荷台)分。隣接する鳥栖第1工場と合わせ約6万4000パレットとなり、国内拠点で最大規模になる。


関連ページ: 宮城 経済

2017年04月13日木曜日


先頭に戻る