岩手のニュース

結婚10組成果上々 岩手の支援センタ―

 独身者の「婚活」を支援する「いきいき岩手結婚サポートセンター」の会員が2016年度、目標の850人を上回り996人に達した。結婚にこぎ着けたカップルも10組に上る。本年度は拠点や出張サービスを増やし、さらなる成果を目指す。
 15年10月の開設以来の会員登録は男性636人、女性360人。男性は40代が257人と最も多く、30代が217人で続く。女性は最多の30代が215人、40代は69人だった。
 センターは岩手県と市町村出資の「いきいき岩手支援財団」が運営し、経歴や交際したい相手の希望条件を専用端末に登録する仕組み。16年度にお見合いをした459組のうち223組が交際に発展した。
 既設の盛岡、宮古両市に加え、今年10月には奥州市にセンターを新設予定。出張サービスも釜石、久慈両市のほか、新たに二戸市でも月2回実施する。
 県の担当者は「全県をカバーする体制を構築し、マッチングの機会を増やしたい」と意気込む。本年度は新規会員600人、成婚30組を目指している。


関連ページ: 岩手 社会

2017年04月13日木曜日


先頭に戻る