宮城のニュース

酒気帯び運転容疑 河北新報社員を逮捕

 宮城県警泉署は20日、酒気帯び運転の疑いで、仙台市泉区高森3丁目、河北新報社生活文化部副部長小穴英久容疑者(56)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は同日午前6時35分ごろ、同区根白石の国道457号で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。前を走っていた近くに住む男性会社員(58)の乗用車に追突して発覚した。男性は首などに軽いけが。小穴容疑者は運転免許を携帯していなかった。
 泉署の調べに「19日午後10時ごろから自宅で焼酎を飲んだ」と供述している。
 河北新報社総務広報部の岡崎正明部長は「社員が飲酒の上、交通事故を起こし申し訳ありません。被害者におわびするとともに、本人には厳正に対処します」と謝罪した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年04月21日金曜日


先頭に戻る