宮城のニュース

<同友会>技術革新震災教訓に

 仙台市青葉区の仙台国際センターで開かれていた第30回全国経済同友会セミナーは21日、前日にあった分科会の成果報告を行い、東日本大震災を教訓にした災害復興や技術革新などをテーマに行われた議論をまとめた。世界情勢や産業構造が激変する時代、企業や社会の未来像を被災地から発信し、閉幕した。
 五つの分科会の議長が成果を発表。働き方改革について取り上げた分科会の冨山和彦経済同友会副代表幹事は「働き方だけでなく、ビジネスそのものを変える必要がある。企業トップのマネジメントや若い人材の活用が重要だ」と述べた。
 震災の教訓を生かした防災・減災対策を話し合った分科会は、今後の大災害への備えを提言。大山健太郎仙台経済同友会代表幹事が、燃料供給体制の確保や復興予算の費用対効果の検討など対策を発表した。
 分科会報告に続き、小林喜光経済同友会代表幹事が総括あいさつし「イノベーションを有効に活用して豊かな社会を築くためのヒントが見えた。ここで得た知見を持ち帰り、さらに議論を深めてほしい」と呼び掛けた。
 太白区の慈眼寺の住職塩沼亮潤大阿闍梨(あじゃり)の特別講演もあった。断食、断水、不眠などを9日間続ける「四無行」など過酷な修行経験を紹介し、「科学技術の発達で人間の能力や可能性が問われている。心で努力をし、より良く生きようとすることが大事だ」と語った。


関連ページ: 宮城 社会

2017年04月21日金曜日


先頭に戻る