岩手のニュース

「石割桜」堂々と 見物客魅了

見物客を楽しませる満開の石割桜

 岩手県盛岡市内丸の盛岡地裁構内にある国の天然記念物「石割桜」が20日、満開となった。岩の割れ目から伸びる樹齢360年の大樹が淡いピンクの花をまとい、見物客を魅了している。
 咲き誇る名木を一目見ようと、朝から観光客や写真愛好家が大勢駆け付けた。宿泊学習の一環で訪れた岩手県岩泉町小川中2年の下留菜々子さん(13)は「満開のタイミングで見ることができてうれしい」と笑顔で話した。
 盛岡観光コンベンション協会によると、石割桜の満開は平年より3日早く、昨年より2日遅い。


関連ページ: 岩手 社会

2017年04月21日金曜日


先頭に戻る