広域のニュース

<東北の本棚>命の源流を東北に探る

「東出昌大写真集 西から雪はやってくる」から。八戸沖のタコ漁

東出昌大写真集 西から雪はやってくる 東出昌大、町口覚 著 田附勝 写真

 命とは、生きるとは−。俳優の東出昌大(ひがしでまさひろ)がその源流を東北に探った。イノシシ猟やタコ漁などを体感し言葉を添えた、自身初となる写真集だ。
 この10年、東北を舞台に撮影を続け、写真集「東北」で木村伊兵衛賞を受賞した田附が写真を、グラフィックデザイナーの町口がアートディレクターを手がけた。
 群馬での猟でイノシシの眼と向き合う東出、その肉までを解体する東出、山形の出羽三山で信仰に触れる東出…。生々しく切り取られたこまに息をのむ。青森の八戸沖ではタコ漁。荒波にもまれタコをつかむ。<怪物だ! 笑いながら叫ぶ。何が楽しいのかわからないが、笑いは本物だった。>
 東出は1988年埼玉県生まれ。映画「桐島、部活やめるってよ」でデビュー。
 宝島社03(3234)4621=3218円。


2017年04月23日日曜日


先頭に戻る