宮城のニュース

<農林中金>石巻の会社に3000万円出資

 農林中央金庫仙台支店は24日、トマトやパプリカの生産会社「デ・リーフデ北上」(石巻市)に、復興ファンドを通じて3000万円を出資したと発表した。
 同社は2014年4月設立で、オランダの栽培技術を取り入れた大規模施設園芸を手掛ける。栽培面積は2.4ヘクタール。昨年11月にトマト、同12月にパプリカの収穫を始めた。
 同金庫は昨年9月、石巻信用金庫(石巻市)などとともに同社へ6億6000万円の協調融資を実行している。


2017年04月25日火曜日


先頭に戻る