宮城のニュース

船出好調「気仙沼クルーカード」買い物でポイント

「気仙沼クルーカード」をPRするホヤぼーや

 宮城県気仙沼市の官民組織「気仙沼観光推進機構」が市内の加盟店と連携し、25日に発行した買い物用ポイントカード「気仙沼クルーカード」の申し込みが好調だ。全国各地から問い合わせが相次ぎ、28日現在で約400人の申し込みがあった。機構は「反響は上々だ。ゴールデンウイークでさらに増えるだろう」と期待する。
 カードは市内のすし店やレストラン、ホテル、酒屋など計46の加盟店で利用できる。買い物のたびにポイントがたまり、1ポイント1円で使える。提携する約1500のオンラインショップで商品を購入した場合もポイントが付く。
 カード名には「気仙沼の街を創る船の乗組員」との意味が込められた。市のシンボルの安波山から一望した気仙沼湾をイメージしたデザインを採用した。
 カードは2万枚用意。入会は無料で、加盟店と機構の専用サイトから申し込む。市内に限らず仙台市や東京、北海道、鹿児島県などからも申し込みがあり、機構は「復興支援に来てくれた方々が加入したのでは」と分析する。カード利用者には、メールで気仙沼市の観光情報や加盟店のお買い得情報などを随時配信する予定。市内の公共施設の利用者にポイントが加算する仕組みも検討している。
 機構は「一度でも気仙沼を訪れた全国の『気仙沼ファン』にぜひともカードを持ってほしい」とアピールしている。
 連絡先は気仙沼観光推進機構0226(25)7115。


2017年04月29日土曜日


先頭に戻る