宮城のニュース

<さくら野仙台破産>ブックオフ、イオン仙台店へ

さくら野百貨店仙台店=2月27日撮影

 さくら野百貨店仙台店(仙台市青葉区)の運営会社エマルシェ(同)が自己破産した問題で、閉店後も建物内で営業を続ける中古書籍類販売のブックオフは28日、5月14日で退去すると発表した。イオン仙台店(同)に移転し、6月29日に営業を始める。
 ブックオフによると、新店舗の名称は「ブックオフ・スーパーバザー・イオン仙台店」。イオンの7、8階に入居し、売り場面積は計約1700平方メートル。本やCDのほか、携帯電話やデジタル家電、アパレルなども取り扱い、さくら野仙台店の店舗とほぼ同じ品ぞろえとする。全従業員約80人は解雇せず、新店舗に移る。


関連ページ: 宮城 経済

2017年04月29日土曜日


先頭に戻る