宮城のニュース

仙台・中2男子が自殺 いじめ原因か

 仙台市立中2年の男子生徒が26日に自殺したことが28日、関係者の話で分かった。現時点で自殺の理由は不明だが、いじめが原因の可能性も否定できないという。同校の一部の保護者から「いじめがあった」との指摘が出ている。
 市教委と学校は29日に記者会見を開き、詳しい事実関係を説明する方針。学校は28日、全校集会を開いて他の生徒らに男子生徒が自殺したことを報告したほか、5月1日夜に学校で保護者説明会を開く。
 仙台市内の中学校では2014年9月、泉区の館中1年の男子生徒=当時(12)=がいじめを苦に自殺。同区の南中山中でも16年2月、2年の男子生徒=当時(14)=が自殺し、市教委の第三者委員会が今年3月、「いじめによる精神的苦痛が自殺の一因」とする答申をまとめた。


関連ページ: 宮城 社会 いじめ自殺

2017年04月29日土曜日


先頭に戻る