山形のニュース

<名探偵コナン>食べて撮って カフェオープン

 人気テレビアニメ「名探偵コナン」の関連メニューを提供したり、グッズを販売したりするイベント「名探偵コナンカフェ」が、5月14日まで山形市内2会場で開かれている。東京・原宿など全国11カ所で期間限定で実施され、東北は山形市のみの開催。

 同市本町の山形グランドホテルのレストランで、作品に登場する関西の高校生探偵服部平次にちなんだ大阪串揚げ定食(1598円)や、毒薬を模したムース(1490円)など9種類のオリジナルメニューが味わえる。土日と祝日は公式サイトで席の予約が必要。
 壁などを書き下ろしのイラストで飾ったほか、眼鏡やシルクハットなど記念撮影用の小道具もある。仙台市太白区から2人で訪れた会社員の山口愛さん(24)と佐藤真衣さん(21)は「コナンがたくさんいて楽しい」「今まで以上に作品が好きになった」などと喜んでいた。
 ホテル近くにある山形まなび館では期間中、公式ショップがオープンし、人形やバンダナなどを販売している。グッズの一つで料理などを飾る小旗は、市内の障害者就労支援事業所「みちのく屋台 こんにゃく道場」(斎藤淳代表)が作った。


関連ページ: 山形 経済

2017年04月29日土曜日


先頭に戻る