福島のニュース

<ダムカード>阿賀野川水系11カ所 魅力発信

東北電力が作ったダムカード

 東北電力は、阿賀川や只見川など福島、新潟両県を流れる阿賀野川水系の11ダムを紹介する「ダムカード」を作製し、ダム訪問者を対象に地元の道の駅などで29日から配布する。
 カードは会津若松支社が管理する福島県内8、新潟県内3の計11枚。表面はダムの写真、裏面には所在地やダムの型式、貯水量、完成年などデータを載せた。
 地元情報も記載し、本名ダムのカードでは福島県金山町を「希少な天然炭酸水や炭酸温泉があり」と紹介した。東北電は「カード配布を通じて地域の魅力も発信したい」と説明する。
 カードを受け取る際、ダムを訪れたことを確認できる写真を提示する。連絡先は会津若松支社会津ダム管理センター0242(26)5688。


関連ページ: 福島 経済

2017年04月29日土曜日


先頭に戻る