宮城のニュース

<仙台満店>心が躍るおにぎり弁当

「おにぎり弁当」は前日までに電話での予約が確実。「子ども用に小さく」「1000円分で」など量や価格の相談もでき、大量注文も可能。この日のおかずは、高野豆腐のサラダ、大根のキッシュ、青菜とモヤシのナムル
細井さん(左)と、一緒に店に立つ次女の桃さん。細井さんは映画「かもめ食堂」が大好きだそう。フィンランドでおにぎりを出す、映画のあの食堂に、どことなく雰囲気が似たたたずまい

◎テークアウトできる店/40計画(よんじゅうけいかく)(青葉区)

 うららかな陽気に誘われたら、青空の下でランチはいかが。そんなシーンにぴったりの「テークアウトできるお店」が今月のテーマ。
 野菜たっぷりのランチが人気のカフェ「40計画」の、持ち帰り用「おにぎり弁当」(500円)を紹介します。おにぎり2個と彩り豊かなおかずが入り、一見コンパクトながらボリュームはしっかり。
 オーナーの細井美智代さん(50)は「おにぎりを握りたくて店を開いたの」と笑うほどの、おにぎり好き。「抜群においしい」とほれ込んだコシヒカリを市内の農家から直接仕入れ、宮城県産の古代米を混ぜて、もちっとした食感に炊き上げます。具は、一つは梅干し、もう一つはワカメや大豆、ニンジンなどの日替わり。ニンジンのおにぎり!? 驚いて聞き返すと、「しょうゆとごま油で風味を付けて混ぜ込むんですよ」とのこと。おいしそう、食べてみたい。
 おかずは、「体にいいものをおいしくたくさん食べてもらいたい」と願いを込めて、野菜と豆を中心に3種類。どこにでもありそうな食材が、細井さんの手にかかるとグッとおしゃれで味わい深いおかずになるから不思議です。見るだけでワクワク心が躍るのは、きっと「絵を描く気持ち」で盛り付けるから。
 おやつには、あんこ、キャラメルバナナなど毎日3、4種類そろうマフィン(230円〜)をどうぞ。徒歩5分の錦町公園で、木漏れ日を浴びながら食べるのがお勧めです。(鶴)

[メモ]仙台市青葉区本町2の5の14加藤ビル1階▽午前8時〜午後6時、土曜は午前11時〜午後6時、日曜・祝日定休※ゴールデンウイークの3〜5日は営業▽店内では、日替わりのランチ(800円)が11時から食べられる▽姉妹店のマフィン専門店「40plan」は青葉区本町2の10の5の1階


関連ページ: 宮城 経済 仙台満店

2017年05月01日月曜日


先頭に戻る