宮城のニュース

<百貨店決戦>藤崎、仙台三越熱いコラボ

鍋を使った料理を実演する宮城学院女子大の学生=4日、仙台市青葉区の仙台三越本館

 藤崎と仙台三越が互いに一押しの商品などを宣伝し合うコラボ企画「杜の都の百貨店決戦 青葉の陣」が、仙台市青葉区の両店でそれぞれ開かれている。大型連休中に訪れる新規の顧客を主なターゲットに、衣料品や雑貨の商品提案対決のほか、両店限定で取り扱う仙台土産などを紹介する。7日まで。
 4日にあったのは、調理器具を使った「母の日に食べたい料理対決」。仙台三越では、宮城学院女子大の食品栄養学専攻の学生7人がトマトを使った鍋料理などを紹介。藤崎では、プロのフードコーディネーターがミキサーを使った冷製スープなどの作り方を来店客に実演した。
 宮城学院女子大4年の山本美希さん(22)は「両親、祖父母世代の人たちに自分たちの料理を紹介できる機会をもらえてうれしい」と笑顔だった。


関連ページ: 宮城 経済

2017年05月05日金曜日


先頭に戻る