岩手のニュース

<瀬戸内寂聴さん>元気と勇気届ける

強い日差しの中、参拝客に語り掛ける瀬戸内さん

 岩手県二戸市浄法寺町の天台寺で5日、名誉住職で作家の瀬戸内寂聴さん(94)の特別法話があった。境内には約5000人の参拝客が訪れ、ユーモアあふれる語り口に聞き入った。

 法話は瀬戸内さんが天台寺の住職に就任した1987年に始まり、今年で30周年を迎える。「最初はさみしい場所だと思った」と当初の印象を語り、「水も空気も清らか。だんだん好きになって喜んで通うようになり、30年になった」と話した。

 病気で入院、手術した経験を振り返り、「いいこと、悪いことは表と裏。つらいときは、自分にとって一番楽しいことを一生懸命考えて」と語り掛けた。
 姉と訪れた陸前高田市の主婦岸浩子さん(61)は「94歳になっても元気でパワーがあり、明るい。勇気をもらった」と笑顔を見せた。


関連ページ: 岩手 社会

2017年05月06日土曜日


先頭に戻る