広域のニュース

児童ポルノ画像300人分 製造容疑の男再逮捕

 岩沼署は8日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、山形市北町3丁目、会社員山川裕也容疑者(24)を再逮捕した。同署は容疑者のパソコンなどから約300人分のポルノ画像や動画を発見。このうち約50人分が宮城、山形、福島3県の女子小中生らとみられることから、裏付け捜査を進めている。
 逮捕容疑は昨年10月9〜19日、会員制交流サイト(SNS)で知り合った福島県中通り地方の小学6年の女児=当時(11)=が18歳未満と知りながら、裸をスマートフォンで撮影させ、画像を送信させた疑い。
 同署が容疑者方から押収したパソコンやスマートフォンなどに、大量のポルノ画像や動画が保存されていた。容疑者は「最低でも50人の児童生徒を中心に画像を送らせた」と供述しているという。両親の携帯電話を深夜に使った児童生徒もいたが、容疑者は撮影後に画像を消すよう指示しており、発覚が遅れた。
 容疑者は4月18日、宮城県南部の女子中学生=当時(15)=と性的行為をしたとして県青少年健全育成条例違反容疑で逮捕された。


関連ページ: 広域 社会

2017年05月09日火曜日


先頭に戻る