宮城のニュース

<ジャイアント>サイクリング文化発信へ着工

ジャイアント直営店の完成イメージ

 台湾の世界的自転車メーカー「ジャイアント」が9月に仙台市若林区荒井東地区に開く直営店の起工式が10日、建設予定地であり、関係者30人が神事で工事の無事を願った。
 予定地は市地下鉄東西線荒井駅の南約150メートル。鉄骨2階、延べ床面積約500平方メートルの建物にジャイアントがテナント入居する。レンタサイクル拠点も設け、東日本大震災の被災地を巡る自転車ツアーを開催する。
 同社がテクニカル・サプライヤーパートナーを務める自転車の復興支援イベント「ツール・ド・東北」開催前日の9月15日に開店する。同社日本法人の臼井亮太商品部長は「荒井からサイクリング文化を東北に発信したい」と語った。


関連ページ: 宮城 経済

2017年05月11日木曜日


先頭に戻る