福島のニュース

<ドリフトタクシー>まるでスタント

 エビスサーキット(福島県二本松市)で始まった「ドリフトタクシー」。試乗では、さながらカーチェイス映画のスタントマンになったような気分を味わった。
 ヘルメットをかぶり、上半身を包むバケットシートに座る。楕円(だえん)型のコースをゆっくり1周した後、スピードが上がった。ドライバーがサイドブレーキを引き、ハンドルを大きく切ると、横方向にかかる重力で体の自由を奪われた。全身がこわばる。
 タイヤが空転するけたたましい音とともに、繰り返される急カーブ。目の前の景色がくるくると横滑りしていく。タイヤが煙を上げ、ゴムが焦げた臭いが漂う。非日常のスリルを求め、外国からも愛好者が集う理由が分かった。
 迫力に圧倒されるうち、3分ほどの体験乗車はあっという間に終了。重力といっても「胃が浮く」ような気持ち悪さはなく、絶叫系アトラクションが苦手な人でも楽しめそうだ。(福島総局・柴崎吉敬)


関連ページ: 福島 経済

2017年05月12日金曜日


先頭に戻る