宮城のニュース

政宗生誕450年 イベント情報ネットに続々

伊達政宗生誕450年にまつわる情報を発信する特設サイト

 仙台市は、仙台藩祖伊達政宗の生誕450年関連イベントをPRする特設ウェブサイトの公開を始めた。関連情報を1カ所に集約することで利便性を高めるのが狙い。市の担当者は「最新情報を随時、発信していきたい」と意気込む。

 サイト名は「伊達政宗公 生誕450年」。構成は「トピックス・イベント」「パンフレット」「政宗公ゆかりの地」の3本柱となっている。
 「トピックス・イベント」では、青葉区のせんだいメディアテークで20日に開かれる政宗ゆかりの都市の首長らによるトークセッションなど、市内の関連イベントを中心に紹介。「パンフレット」コーナーには、市発行の「東京に残る伊達政宗公ゆかりの地巡り」など2種類をPDFファイルにして掲載した。
 「政宗公ゆかりの地」は、仙台観光国際協会が運営する観光情報サイト「せんだい旅日和」と連携。仙台城跡や瑞鳳殿、大崎八幡宮など市内9カ所の見どころやアクセス方法などを発信している。
 市は生誕450年関連事業の当面のヤマ場となる20、21日の仙台・青葉まつりに間に合うよう、特設サイトを準備した。市観光課は「サイトを入り口に情報を集め、政宗を深く知るきっかけにしてほしい」と期待している。
 特設サイトには観光情報サイト「せんだい旅日和」からもアクセスできる。


関連ページ: 宮城 社会

2017年05月13日土曜日


先頭に戻る