宮城のニュース

新鮮な魚介類や野菜の苗…朝市にぎわう

大勢の買い物客が訪れた若柳朝市

 宮城県栗原市若柳の若柳朝市(実行委主催)が11日、市若柳総合文化センター駐車場を会場に始まった。1978年に始まった恒例のイベントで、大勢の買い物客が訪れてお目当ての品を買い求めた。
 市内や石巻市、宮城県女川町などから30業者が出店。新鮮な魚介類、野菜の苗などを店頭に並べ、「買っていって」と客を呼び込んでいた。出店業者らでつくる実行委の菊地聡さん(55)は「朝の時間帯を利用して、散歩がてら買い物を楽しんで」とPRする。
 会場では若柳金成商工会女性部によるチャリティーバザーも行われた。
 今年の朝市は日にちの下一桁に1か6が付く日の開催(31日を除く)。最終日は6月26日。開催時間は午前6〜8時。


関連ページ: 宮城 経済

2017年05月17日水曜日


先頭に戻る