青森のニュース

<ローソン>青森出店20周年 限定メニュー発売

限定販売される青森県産食材使用の商品

 青森県への出店20周年のローソンは16日から6月5日までの期間限定で、同県産食材を使った弁当や菓子など9商品を東北地区の全店舗で発売する。
 限定販売するのは「青森県産牛肉と豚肉のたげめぇ弁当」(530円)や、県産ホタテを使った「青菜とほたておにぎり」(120円)など。菓子製造販売のアルパジョン(八戸市)が監修・製造したチーズケーキ「朝の八甲田〜シールド乳酸菌入り〜」も同社直営店とローソン限定で発売する。プレーン(188円)のほかリンゴ味(198円)、抹茶味(同)がある。
 15日に県庁で試食した三村申吾知事は「おにぎりの中に入った刻みホタテがとてもおいしい。アルパジョンは絶対売れると思う」と絶賛した。
 ローソンは1997年4月30日に青森市と弘前市に初出店し、県内で234店舗が営業中(今年3月末現在)。5月末には秋田県産食材などを使った商品を発売する予定だという。


関連ページ: 青森 経済

2017年05月16日火曜日


先頭に戻る