宮城のニュース

<住基ネット>障害で68件処理できず 仙台市

 仙台市は16日、住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)システムに障害が発生し、マイナンバーカードの交付や住所異動に伴うカードの変更処理などの業務ができなくなるトラブルがあったと発表した。
 市町村が地方公共団体情報システム機構(東京)のカード管理システムに接続するには県の住基ネットを経由する必要があり、県が障害の原因を調べている。
 市によると、障害は15日午後1時ごろに発生。窓口が閉まる午後5時まで、カードの交付48件と住所異動に伴うカードの変更処理20件の計68件を処理できなかった。市は窓口で手続きできなかった人にカードを郵送したり、再度窓口で交付するなどした。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年05月17日水曜日


先頭に戻る