岩手のニュース

<山田線>脱線事故車両の撤去始まる

事故車両の解体に着手する作業員

 岩手県宮古市門馬のJR山田線松草−平津戸間で2015年12月に普通列車(1両)が崩れた土砂に乗り上げて脱線した事故で、JR東日本盛岡支社は16日、線路上に残っていた車両の撤去作業を開始した。
 車体の損傷が著しい上、一連の復旧工事で線路の一部を撤去しているため、同支社は事故車両の移送を断念。作業員が全長約20メートル、幅約3メートル、高さ約4メートルの車両に切断機を当てて解体する作業を進めた。
 車両は、再び斜面が崩れる恐れがあるとして事故発生から約1年5カ月、現場に残されていた。崩壊した斜面の上部を安定させる工事を4月下旬に終え、車両周辺に堆積した土砂約1400立方メートルも5月上旬に撤去して作業現場の安全を確保した。
 車両の解体、撤去は今月中に終わる見込み。6月には崩壊した斜面下部を安定させる工事に入り、10月以降の運行再開を目指す。
 同支社の保田暢彦広報室長は「斜面の安全確保に時間がかかったが、工事は着実に進んでいる。一日も早い再開を目指したい」と話した。


関連ページ: 岩手 社会

2017年05月17日水曜日


先頭に戻る