広域のニュース

店やレジャー、教育資金…主婦向けサイト開設

東北と新潟の地元情報を提供するサイト「ななび」

 IT企業のライトアップ(東京)は、東北6県と新潟に住む主婦を対象にした地域情報サイト「ななび」を開設した。家計を握る主婦に飲食店やレジャー施設など地元の情報を提供して消費を促し、地域活性化を目指す。
 ななびは「東北の景気回復につながるサイトがほしい」という企業からの依頼を受け、同社が半年かけて作成。ターゲットを主婦に絞り込んだ。
 各県在住のライターが、地元でも知られていない農家レストランなど多くの穴場情報を発掘。同社編集部が主婦に好まれそうな情報をよりすぐり、掲載する。
 育児中の主婦には、子どもと一緒に楽しめるレジャー施設や飲食店、自治体の教育関連の助成金情報を提供している。
 東北と新潟の各市町村にスポットを当てた特集もあり、4回続きで週1回更新している。第1弾は新潟県上越市を取り上げ、日本最古の映画館である高田世界館などを紹介した。
 同社の担当者は「地元の素晴らしさを再発見してもらい、出掛けたくなるような情報を発信していきたい」と話した。


関連ページ: 広域 経済

2017年05月17日水曜日


先頭に戻る