広域のニュース

<復興相>「聖火リレー石巻出発に」五輸相に要請

復興五輪について話し合った吉野氏(左)と丸川氏

 吉野正芳復興相は16日、丸川珠代五輪相と2020年東京五輪・パラリンピックを巡って会談し、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の被災地の復興につながる大会になるよう要請した。
 吉野氏は福島県が東京大会で県産食材の供給を目指していることを挙げ、「大変な風評被害があったが、五輪で吹き飛ばしたい」と述べた。丸川氏は「熱心な取り組みはありがたい。風評払拭(ふっしょく)の機会として大会を利用したい」と応じた。
 会談後、吉野氏は聖火リレーに関し「復興五輪の象徴として、石巻市を出発点にするよう求めた」と話した。復興五輪の実現に向け、小池百合子東京都知事と近く会談する意向も示した。


2017年05月17日水曜日


先頭に戻る