青森のニュース

<青森観光>船旅後はタクシーで プラン開始

3月に就航した津軽海峡フェリーの「ブルーハピネス」(同社提供)

 津軽海峡フェリー(北海道函館市)はJTB北海道函館支店などと連携し、タクシーで青森、五所川原両市の観光施設を回るツアー「気軽に『あおもり』日帰りプラン」を始めた。
 函館フェリーターミナルを出発し、観光交流施設「ねぶたの家 ワ・ラッセ」(青森市)や太宰治の生家「斜陽館」(五所川原市金木)などを巡る。料金は往復のフェリー代や貸し切りタクシー代を含め1人当たり約1万〜2万円。所要時間は約16時間。
 今月7日に終了した「弘前さくらまつり」会場などをタクシーで巡るプランも好評で、大型連休中のフェリーの利用者は前年同期比の約1.3倍(速報値)に上ったという。
 津軽海峡フェリー営業部は「青森県や北海道南地域のイベントに合わせてタクシー利用の旅行商品を作り、津軽海峡の交流人口増加に寄与したい」と話す。
 連絡先はJTB北海道函館支店0138(56)1711。


関連ページ: 青森 経済

2017年05月18日木曜日


先頭に戻る