秋田のニュース

秋田で漁師になろう 県外在住者対象に体験会開催

 秋田県は6月23〜28日、県内に移住して漁師になることを検討している県外在住者を対象にした「漁業就業体験」を、男鹿市と八峰町で開く。
 刺し網漁や一本釣りなどの実践のほか、県水産振興センター(男鹿市)の見学、現役漁師から体験談を聞く談話会などのプログラムが組まれている。
 実施委託先のNPO法人あきた地域資源ネットワークの担当者は「本気で漁師になりたい人に、ぜひ来てもらいたい」と話す。
 募集は7人で、参加費は無料(交通費は上限あり)。初日はJR秋田駅東口に集合する。参加希望者は同ネットワークのホームページから申込書を入手し、郵送やファクス、メールで申し込む。定員を超えた場合は書類選考がある。
 締め切りは6月15日午後5時。連絡先は同ネットワーク018(816)0610。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2017年05月19日金曜日


先頭に戻る