宮城のニュース

パトカー追跡のオートバイ転倒 男性けが

 22日午前1時25分ごろ、仙台市太白区茂庭人来田東の国道286号で、岩沼署の男性署員(51)が運転するパトカーが追跡していた青葉区の派遣社員男性(20)のオートバイが転倒し、男性が全身を強く打つけがをした。
 同署によると、署員が名取市高舘熊野堂の市道をパトロール中、一時停止を怠ったオートバイを発見し、追跡を開始。事故現場は緩い右カーブで、男性がスピードを出し過ぎて曲がりきれなかったとみられる。
 同署は「追跡行為に問題がなかったかどうかを含め、事故の原因を調べる」としている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年05月22日月曜日


先頭に戻る