宮城のニュース

<熊本地震>南三陸発 くまモングッズで支援

熊本地震の被災地を支援しようと販売されているくまモンの繭玉人形「くまころりん」=宮城県南三陸町の「入谷YES工房」

 熊本地震の被災地を支援しようと、宮城県南三陸町の町民有志の団体「南三陸復興ダコの会」が人気キャラクター「くまモン」を使ったグッズを売り出し、人気商品になっている。売り上げの一部は義援金として送られている。
 グッズの名前は「くまころりん」。黒く染めた町特産の繭玉に、赤ほっぺがかわいいくまモンの顔を再現した。笑顔と驚いた顔の2種類あり、中にある重りの効果で、転んでもすぐ起き上がる。熊本地震の被災者が早く立ち上がれるようにとの願いを込めた。
 町内産のスギを使い、九州地方の形に切り抜いた台座が付く。2016年8月にインターネットと同会の「入谷YES工房」で販売を始め、今年4月まで300個以上を売り上げた。
 広報担当の大森丈広さん(34)は「東日本大震災後にくまモンが南三陸町を慰問してくれて、熊本県や九州の人からも多くの支援を受けた。少しでも恩返しになれば」と一日も早い復興を願っている。
 「くまころりん」は800円で、1個に付き300円が義援金となる。連絡先は南三陸復興ダコの会0226(46)5153。


関連ページ: 宮城 社会

2017年05月23日火曜日


先頭に戻る