福島のニュース

<全町避難>笑いを教育に 小中授業に落語や漫才

生徒に麺をすする演技を教える桂雀太さん(左)

 東京電力福島第1原発事故で全町避難する福島県大熊町教委は本年度、小中学校の授業に笑いを取り入れるプロジェクトを始めた。避難生活が長期化する子どもたちの心を癒やし、コミュニケーション力を育てるのが狙いだ。
 会津若松市の大熊中仮校舎で22日、落語教室が開かれた。上方落語家桂雀太さん(40)が全生徒16人を前に授業をした。
 阪神大震災直後に大学を受験した時の様子をネタにした話や古典落語「まんじゅうこわい」を披露。教室は大きな笑いに包まれた。
 3年箭内朱里さん(14)は「想像以上に楽しい。体を使った表現がすごかった」と驚いた様子。3年植村篤史さん(14)は「日本に昔からある文化に触れられ面白かった」と語った。
 桂さんは「子どもたちはいろんな苦労があるだろうが、客観的に見て笑い飛ばせるように心の余裕を持つと、もっと軽やかに人生を進めると思う」と述べた。
 桂さんを交えたパネル討論もあった。「教育と笑いの会」名誉会長で植草学園大(千葉市)の野口芳宏名誉教授、町教委、PTAの関係者が「教育における笑いの効用」をテーマに意見を交わした。
 大熊中は6〜7月、福島県に住みながら活動するお笑いコンビ「ぺんぎんナッツ」を講師に招き、生徒が漫才を学ぶ講座を計4回実施する。


関連ページ: 福島 社会

2017年05月23日火曜日


先頭に戻る