宮城のニュース

被災の旧野蒜小 防災体験型宿泊施設に

キボッチャの室内イメージ図

 東日本大震災で被災した東松島市旧野蒜小を巡り、2018年度に校舎を活用した防災体験型宿泊施設をオープンさせる計画が進んでいる。地域の心のよりどころだった校舎が防災を学ぶ場と生まれ変わり、にぎわいや雇用を生み出す。

 危機管理教育などに携わる株式会社「貴凜(きりん)庁」(東京)が施設を運営する。市は31日、校舎や敷地の利活用に関する契約を同社と結び、27年3月まで貸付料を免除する方針。
 事業計画などによると、施設の名称は「KIBOTCHA(キボッチャ)」。鉄筋3階、総床面積約2450平方メートルの校舎のうち、2階を防災体験スペースとする。ボルダリングやアスレチックを備え、シアタールームでは防災に関する映像を流す。震災の語り部の話を聞く機会も設ける。
 1階は食堂(130席)や物産店、浴室を整備。3階は宿泊フロア(68床)となる。有事の際は2階以上に避難者を受け入れる。
 貴凜庁は6月中旬にも改修工事に着手する。改修事業費は約3億2000万円を見込み、県の補助金などを充てる見通し。運営スタッフとして地元から30人程度を雇う。
 旧野蒜小校舎は震災時、1次避難所となり、住民らから保存を求める声が出ていた。市は公募の結果、活用先に人材派遣などを手掛ける「J. M. S」(東京)を選定。同社は昨年7月に貴凜庁を設立し、事業計画を進めてきた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年05月24日水曜日


先頭に戻る