宮城のニュース

煎餅に金属片、女児けが 亀田製菓公表せず

 亀田製菓(新潟市)の煎餅を食べた大崎市の小学2年の女児(7)が、混入していた金属片で口の中を切るけがをしていたことが23日、分かった。金属片は機械の洗浄に使う金ブラシの一部という。同社は女児側に謝罪したが、被害は拡大しないと判断し、商品全体の回収や公表を見送った。
 金属片が混入していたのは同社の「ソフトサラダ」。女児が4月3日に仙台市の友人方で出された煎餅を食べたところ、針金状の金属片が歯茎に刺さった。母親は直後に同社の相談窓口に連絡。社員が同日、謝罪に訪れ、商品と金属片を回収した。
 同社によると、回収した商品は水原工場(新潟県阿賀野市)の製造。金属片は長さ12.3ミリ、太さ0.3ミリで、給水配管内の異物を取り除く「ストレーナー」という部品を洗浄する金ブラシの一部だった。今後はストレーナーの洗浄をやめ、交換するという。
 女児の父親(41)は取材に「小さい子が飲み込んだら大変だ。他にも混入の可能性があり、非公表の判断はおかしい」と話した。
 同社の広報担当者は「けがをした女児と家族には大変申し訳ない。被害の報告が他にはなく、公表を見送った。品質管理の向上に努めたい」と説明した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年05月24日水曜日


先頭に戻る