宮城のニュース

もうクマらない チョー短距離バスで帰宅安心

宮教大からの送迎バスを降り、青葉山駅に向かう学生=仙台市青葉区荒巻青葉

 宮城教育大(仙台市青葉区)が、大学正門から市地下鉄東西線青葉山駅に向かう送迎バスを平日夜に走らせている。運行距離は約500メートルと短く、所要時間は1分強。異例の超短距離バスを運行させているのは、青葉山周辺で目撃情報が相次ぐツキノワグマだ。
 送迎バスは大学のマイクロバス(27人乗り)を活用。午後6時10分から10時15分まで、約15分間隔で運行する。昨年10月から5カ月間の試行を経て、本格運行に移行した。無料で利用できる。
 3年酒井千香さん(20)=宮城野区=は「大学から青葉山駅まで歩くと10分近くかかる。街灯が少なく、夜道が暗いのでバスがあって助かる」と話し、学生らの間で好評だ。
 宮教大がある青葉区荒巻青葉では2016年度、ツキノワグマの目撃情報が8件寄せられた。今年4月5日には近くの東北大青葉山キャンパスでも1頭の出没が確認された。
 15年12月までは大学正門から仙台駅行きの路線バスがあったが、東西線開業に伴って廃止され、最寄りの青葉山駅まで山中を歩く必要が生じていた。
 宮教大の斉野貴浩学生課長は「女子学生が多く、被害があってからでは遅い。普通は歩く距離だが、不審者対策も含めて、安全確保を優先した」と説明する。
 大学によると、5カ月間の試行で1日平均約126人が利用した。講義やサークルの終了直後の利用が多かったという。教員採用試験に向け、夜までキャンパスに残る学生の利用も見込んでいる。
 東西線沿線では、東北工大も八木山動物公園駅と同大の八木山、長町両キャンパスを循環する送迎バスを運行している。


関連ページ: 宮城 社会

2017年05月24日水曜日


先頭に戻る