青森のニュース

かや1万2000束で屋根修理 旧石戸谷家住宅復元進む

復元工事中のかやぶき屋根

 弘前藩初代藩主の津軽為信が築いたとされる堀越城跡(弘前市堀越)で23日、敷地内にある復元工事中の旧石戸谷家住宅が報道陣に公開された。
 旧石戸谷家住宅は江戸後期の1822年に同市浜の町に建てられたとされる木造一部2階建てで、老朽化のため2009年に解体。堀越城跡に部材などを移した後、15年12月に復元工事が始まった。
 広さ約440平方メートルの屋根の修理には、1束が直径約30センチのかや約1万2000束を使用。屋根の厚さが約60センチになるように束を積んで刈りそろえる。市は旧住宅を堀越城跡の歴史を一般市民に紹介する施設にリニューアルし、20年3月のオープンを目指している。
 視察に訪れた弘前市の蛯名正樹副市長は「旧石戸谷家住宅は堀越城跡を学ぶのに優れた施設。(開館後は)ぜひ立ち寄ってほしい」と話した。
 一般向け見学会は6月3日午後1〜3時に開かれる。入場無料。連絡先は市教委文化財課埋蔵文化財係0172(82)1642。


関連ページ: 青森 社会

2017年05月24日水曜日


先頭に戻る