岩手のニュース

<岩手県>3年ぶり山火事警戒宣言

 岩手県や県内市町村でつくる県山火事防止対策推進協議会は23日までに、県内で相次ぐ山火事の発生を受け、3年ぶりに山火事警戒宣言を出した。期間は22〜31日の10日間。
 県によると、本年度の山火事の発生件数は22日現在、釜石市平田の大規模山林火災など27件(速報値)で、前年度同期を19件上回った。住宅、下草火災も相次いでおり、21日には花巻市で休耕田の野焼きをしていた男性が死亡した。
 協議会は構成団体に、強風・乾燥時の野焼きやたばこの投げ捨てを禁止するよう通知した。


関連ページ: 岩手 社会

2017年05月24日水曜日


先頭に戻る