秋田のニュース

職員ノロ感染で給食停止

 秋田県大仙市教委は24日、市内の西部学校給食センターの男性職員1人がノロウイルスに感染した可能性が高いとして、25、26日の給食業務を停止すると発表した。男性は23日に体調不良で休み、簡易検査では陰性だった。男性の家族が24日の検査でウイルス感染が判明したため、業務停止を決めた。同給食センターは市内の小学校3校と中学校3校に計1287食を配食しているが、体調不良を訴えた児童生徒はいない。


関連ページ: 秋田 社会

2017年05月25日木曜日


先頭に戻る