山形のニュース

<学校誌切り取り>山形県内で被害拡大

 全国の図書館で学校誌などの切り取り被害が相次いで見つかっている問題で、新たに天童市立図書館が所蔵する市内の小学校の学校誌などに被害があったことが24日、分かった。山形県内の被害は計8市町76冊に拡大した。
 被害があったのは1988〜2007年に発行された学校誌など計27冊で、46カ所が切り取られていた。大半は相撲大会で児童の取組を撮影した写真部分とみられるという。
 学校誌は2008年から閉架書庫に保管されていた。これまでに閲覧された記録はなく、被害が発生したのは館内で自由に閲覧できた08年以前の可能性もあるという。市は県警への被害届の提出を検討している。


関連ページ: 山形 社会

2017年05月25日木曜日


先頭に戻る