宮城のニュース

仙台の8商店街連携 6月にイベント

 仙台市中心部の8商店街でつくる「市中心部商店街活性化協議会」の第1回総会が25日、仙台市内であり、イベントの開催などを通じて商店街のにぎわい創出を目指すことを決めた。
 6月10、11日に開かれる東北絆まつりに合わせ、同10日に、サンモール一番町商店街から一番町四丁目商店街にかけて、盛岡さんさ踊り、仙台すずめ踊り、山形花笠踊りによるミニパレードを初開催する。
 9月には全国の大道芸人がパフォーマンスを披露する「まちくるカーニバル」を昨年に続き主催する。共同駐車券の発行も続ける。
 総会には約30人が参加。本年度の予算を承認し、地元百貨店と連携を強めることを決めた。協議会の山崎浩之会長(70)は「各商店街の持ち味を生かし、一丸となって商店街を盛り上げたい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2017年05月26日金曜日


先頭に戻る