宮城のニュース

宮城東華会元施設長、和解無効求め提訴

 宮城県内唯一の更生保護施設「宮城東華会」(仙台市太白区)の元男性施設長(66)=3月末に退職=が、地位の継続などを求め、運営法人と職員ら3人に計900万円の損害賠償などを求める2件の訴えを仙台地裁に起こした。
 訴えによると、元施設長は元部下から起こされたパワハラ訴訟の和解後、別の幹部職員とトラブルになり、法人から昨年12月に解雇を通告された。元施設長は地位保全の仮処分を地裁に申し立て、翌1月、「解雇通告を撤回し自己都合退職とする」「他に債権債務がないことを確認する」などの内容で法人と和解した。
 元施設長は「施設運営の空白を避けるため緊急避難的に和解に応じたが、その後の法人の対応に不当な点がある」などとし、和解の無効を訴えた。施設長として地位の継続も求め、職員ら3人の法廷証言などで「名誉を傷つけられた」と主張している。
 法人理事は取材に「本人も納得して和解したはずだ。理解しがたい」と述べた。元施設長は「詳細は裁判で明らかにしていく」と語った。
 法人は法相の認可を受けて更生保護事業に当たり、昨年度の一般会計収入予算7310万円のうち国からの委託費が9割を占める。


関連ページ: 宮城 社会

2017年05月26日金曜日


先頭に戻る