青森のニュース

サラダにスープにウニの味「うにだれ」発売

青森県産のウニを使ったうにだれ。スープにしたり豆腐にかけたりして楽しめる

 水産加工会社「駒嶺商店」(青森県風間浦村)は25日、青森県産ムラサキウニを使った「うにだれ」を発売した。
 県産業技術センター「下北ブランド研究所」(むつ市)などと共同開発した。粒ウニが20%含まれ、サラダや豆腐にかけたり薄めてスープにしたりできる。
 青森市内で同日、試食会があり、駒嶺剛一社長(67)は「塩分濃度などを工夫し、約2年間をかけて開発した。ムラサキウニの味覚を通年で楽しめる」と話した。参加した東京都日野市の会社員町田明春さん(59)は「おいしかった。お酒に合う」と感想を述べた。
 1296円(税込み)。青森市の「A−FACTORY」(エーファクトリー)やJR七戸十和田駅内の売店、駒嶺商店のホームページで購入できる。連絡先は同社0175(35)2211。


関連ページ: 青森 社会

2017年05月27日土曜日


先頭に戻る