青森のニュース

<日本原燃>廃棄物受け入れ延期 設備に不具合

 日本原燃は26日、低レベル放射性廃棄物埋設センター(青森県六ケ所村)で6月に予定していた中部電力浜岡原発(静岡県)からの廃棄物受け入れ計画を延期すると発表した。同センターの2号埋設クレーンの走行用レールの継ぎ目にずれが見つかったため。受け入れ再開の時期は未定。
 1、2の両日に予定していた2017年度第3回計画では200リットルドラム缶640本(輸送容器80個分)、6月中の第4回計画では1248本(156個分)の廃棄物を受け入れる予定だった。
 継ぎ目のずれは5月21日の点検で判明。原燃は、レールが傾いていたことが原因とみている。


関連ページ: 青森 社会

2017年05月27日土曜日


先頭に戻る