宮城のニュース

「サクランボ狩りは山形の果樹園で」仙台でPR

家族連れが楽しんだ流しサクランボ

 サクランボ狩りのシーズンを前に、山形県内の観光果樹園をPRするイベントが27日、仙台市青葉区の一番町四丁目商店街の仙台三越前であった。
 寒河江、東根、天童各市など、産地の関係者らでつくる県観光果樹園連絡協議会が開いた。流しそうめんを模した「流しサクランボ」や種飛ばしなどを行い、旬を迎える赤い宝石を通行人にアピールした。
 同協議会は仙台市からの誘客を強化しており、イベントは3回目。露地栽培のサクランボの旬は6月上旬〜7月上旬で、本年産は豊作が見込まれるという。


関連ページ: 宮城 社会

2017年05月28日日曜日


先頭に戻る