青森のニュース

<青森中2自殺>いじめ以外も要因 市審議会見解

 青森市浪岡中2年の葛西りまさん=当時(13)=が昨年8月にいじめ被害を訴えて自殺した問題で、市いじめ防止対策審議会は28日、「いじめを含むさまざまな要因が関わった死」との見解を示した。審議会委員は今月末の任期満了に伴い退任し、新委員が調査を引き継ぐ。現委員が作成した報告書案の扱いは未定。
 審議会は葛西さんの自殺に影響したいじめが、1年の夏から2年の初夏にかけて4件あったと判断。一方で「いじめ以外の要因がないと断言できる情報などは得られなかった」とした。
 記者会見した櫛引素夫会長(青森大教授)は「事実関係の調査は一定の水準で、中立性も問題ない。一日も早い答申を目指していたので残念だ」と語った。
 審議会は3月26日、報告書案を遺族に説明。遺族側は「納得できない」として一部の委員解任などを求める要望書を出した。市教委は応じないと回答したが、今月23日に全委員が月末で退任し、信頼性・中立性を高めるため、後任を県外から選ぶと明らかにした。


関連ページ: 青森 社会 いじめ自殺

2017年05月29日月曜日


先頭に戻る