岩手のニュース

<錦秋湖マラソン>高知から初参加で完走

完走を喜び合い、親類と談笑する車喜代志さん(中央)と春恵さん(前列左から2人目)夫妻

 高知市で野菜を栽培し、食品加工業を営む車喜代志さん(70)、春恵さん(70)夫妻が初めて出場。それぞれ男女の一般ハーフマラソンに挑戦し、2時間台で完走した。
 「ちょっとした高低差がボディーブローのように効いた」と喜代志さん。春恵さんは「1時間50分以内が目標だったので残念だが、楽しく走ることができた」と振り返った。
 春恵さんの弟が石巻市、めいが大会開催地の西和賀町にいる縁で「一度は来たかった大会」と声をそろえる。週2、3回は10キロを走る仲良し夫婦。「前夜祭の花火も魅力。また来たい」と笑顔で語り、帰途に就いた。


関連ページ: 岩手 スポーツ

2017年05月29日月曜日


先頭に戻る