福島のニュース

<磐梯山>山開き 思い思いに山頂へ

磐梯山の山頂に到着した登山者=28日午前10時45分ごろ

 福島県猪苗代町、磐梯町、北塩原村にまたがる磐梯山(1816メートル)で28日、山開きがあり、雨が降るあいにくの天候にもかかわらず、多くの愛好家でにぎわった。
 午前7時から猪苗代町の猪苗代スキー場で安全祈願式典が開かれた。登山者は比較的登りやすい八方台(磐梯町)、五色沼の水源とされる銅沼(あかぬま)を通る裏磐梯(北塩原村)など6カ所の登山口から入山し、思い思いのペースで山頂を目指した。
 登山道はぬかるんだ状態で、ハイカーたちは悪戦苦闘。山頂では濃霧のため猪苗代湖や桧原湖などを見ることができず、冷たい雨風が吹き付けたが、登り切った達成感で充実した笑顔を見せていた。
 磐梯山に初めて登ったという郡山市の会社員阿部賢太さん(34)は「天気は残念だったが、登って気持ちが良かった。天気が良い日にまた来たい」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2017年05月29日月曜日


先頭に戻る